自然を楽しむ

森・山

ひだ清見の見所満載!シャッターポイントをご紹介

清見町の面積のおよそ96%は森でおおわれていて、遊歩道や自然公園など自然を楽しみながらゆっくりと散策できます。

森林公園おおくら滝

「おおくら滝遊歩道」は広葉樹の森と渓流が美しい散策コースで、周辺にはミズナラ、カツラ、カエデ類などが生い茂り10月下旬からは山全体が紅葉にそまります。また、このあたりは山菜の宝庫でもあり、そば処清見庵おおくら店では地元で採れた山菜の天ぷらなども味わえます。

百滝コース入り口

百滝コース入り口

入り口付近の石畳の遊歩道

入り口付近の石畳の遊歩道

川の字橋

川の字橋

清冽な水

清冽な水

森林公園おおくら滝
場所 清見町坂下
飛騨せせらぎ街道から大倉滝までの間
アクセス 「そば処清見庵おおくら店」より
百滝コース→大倉滝→いにしえコース又は眺望コース(周遊約1時間20分)

清見展望台

滝見展望台からは、眼下にそば処清見庵おおくら店が小さく見え、晴れた日には、前方に御嶽山、左手に北アルプスが広がり、背後に大倉滝が望める絶好のシャッタ−ポイントです。

滝見展望台

滝見展望台

御嶽山

御嶽山

そば処清見庵

そば処清見庵

御岳連邦
場所 清見町坂下
アクセス そば処清見庵おおくら店から眺望コースを5~6分ほど走ると滝見展望台がある。

二ツ葉栗

昭和32年に岐阜県指定天然記念物に指定されました。当時樹高16.5m、目通幹周り2.9mありましたが、昭和44年に倒伏して、現在のものは目通幹周り1.6m、枝張り南北13m、東西7.5m位になっています。

葉の形状がその名の通り二つに分かれていて、中ほどから二つに分かれるものと葉の付け根当たりから二つに分かれるものがあります。

二ツ葉栗(1)
二ツ葉栗(2)
二ツ葉栗(3)
二ツ葉栗
場所 清見町三日町
アクセス 道の駅ななもり清見から高山市街地方面に向かって車で2分ほど。清見中学校手前を北側の農道に入ってすぐ。

袋ホウバ

袋ホウバの名前は、その特殊な葉の形状によるものです。朴の葉の裏面、葉脈の中央あたりから糸状の葉柄がさがっていて、その先に円錐型の葉がちょうど風鈴のように付いています。

昭和49年に岐阜県の天然記念物に指定されました。

西正寺

西正寺

袋ホウバ(1)

袋ホウバ

西正寺にある袋ホウバの木

西正寺にある袋ホウバの木

袋ホウバ(2)

袋ホウバ

袋ホウバ
場所 清見町三日町
アクセス 道の駅ななもり清見から高山市街地方面に向かって車で2分ほど。清見中学校手前を北側の農道に入ってすぐ。

神様イチイ

神様イチイは清見町の天然記念物になっていて、樹齢約400年、樹高12mの古木です。その昔、木地師たちが「仕事山」を定めると、まず手近な立木をご神木としてお祀りし、山仕事の安全を祈願していました。

このイチイもそのひとつといわれ、木地師たちが移動した後も村人は「神様イチイ」と呼んで大切に守ってきました。飛騨せせらぎ街道からその姿を見ることができます。

高山方面から向かって左側の街道沿いにある

高山方面から向かって左側の街道沿いにある

神様イチイ(1)

神様イチイ(1)

神様イチイ(2)

神様イチイ(2)

神様イチイ
場所 清見町楢谷
アクセス 飛騨せせらぎ街道、西ウレ峠のこもれび広場と分水嶺の間で、こもれび広場から高山市街地方面に徒歩で10分程の所。右の写真のガードレールの切れ目の奥。