清見町について

産業

清見町の産業

清見町では農林業、サービス業が多く次いで飲食業、製造業となっています。
製造業では、木材を加工する業者や工房が町内に多く点在し活躍しています。
目立つ観光資源はありませんが、観光都市高山市街地に隣接しているため、高速道路やせせらぎ街道を利用する観光客も多く、また町内に道の駅が2つもあるのは大変めずらしいことです。
代表的な特産品として、清見のきれいな水を使った豆腐や味噌、餅などが挙げられるのも自然豊かな町ならではといえるでしょう。

手つかずの自然

清見町には、温泉がない、スキー場がない、ゴルフ場がない、ダムがない、駅もないと、周辺の地域に比べてないものも多くありますが、清見町の一番の魅力は自然との共生であり、手つかずの自然が数多く残されていることです。町の人々は新緑や紅葉と四季折々の自然に囲まれた生活を楽しんでいます。

清見町の自然(1)
清見町の自然(2)

畜産飼養頭数

肥育牛・繁殖牛・乳牛を合計すると、約3千頭となり、清見町の人口よりも多い牛が飼育されています。
このことでも分かるとおり、酪農(肉牛)が盛んで飛騨牛の生産地とも言えます。
飛騨牛

農作物作付面積

野菜では高地栽培のホウレンソウ、トマト農家が多く、関西方面に出荷されています。
米は生産されていますが、兼業が多いです。最近はしいたけ栽培農家も軌道にのりかけ、出荷量も増えてきています。

農作物作付面積